Sponsored link

バーベキューでカニ

バーベキューの直火で焼くことでさらに旨みが凝縮される食材の1つにカニが挙げられます。

4e674e2a2dbedbdd26dfe886a26269cb_s

パーベキューの食材としてカニを焼くと、潮や磯の香りと、独特の香ばしさが合わさった香りが辺り一面に漂い、食欲をそそります。
タラバガニ・毛ガニ・ズワイガニなど様々な種類があるカニですが、焼きガニにも向いているカニと不向きのカニがあります。
まず、焼きガニにはカニの中でもヤドカリ科のカニが向いているため、カニ科であるズワイガニ・毛ガニはあまり焼きガニには向いていません。
では、どのようなカニが焼きガニに向いているのかというと、ヤドカリ科であるタラバガニ・花咲ガニなどです。

79dda80d2fc3b994720b4aedbc0fc214_s

カニは高級食材の1つでもある為、焼いて美味しく食べるのならば、まずはカニの種類に気を付けて準備することが大切なのです。
次に、カニの美味しい焼き方です。

生から焼いたカニは驚くほど旨みが凝縮されて絶品なのですが、生きているカニを焼くのはなかなか難しいことなので、茹で済みのカニを用意した方が調理がしやすいのでオススメです。
まず、焼く前の下準備として、殻付きのものは食べやすくするために半むき状態にしていきます。
これも、半むき状態にするのは結構大変な作業なので、元々半むき状態で売られているものを準備するのもいいでしょう。

半むき状態に出来たら、茹で済みのカニの場合は、5分~10分程度炭火で焼いていきます。
一度茹でてある為、軽くあぶる程度で十分です。
焼き加減の目安としては、殻に黒い焼き色が少しつくぐらいがベストです。

茹で済みのカニを焼くときの注意点としては、絶対に焼きすぎないことです。
あたためる程度で十分なので、焼きすぎてしまうと身がボソボソになってしまってせっかくの美味しさが半減してしまいます。

6a152df92c0f508d4285b8810bf2b44a_s

焼きあがったら、好みですだち・レモン汁・しょうゆなどを垂らしたいただきます。
元々カニに塩が含まれている為、さっぱりとした味付けがよく合います。
また、さっぱりとした味付けよりもこってりとした味付けの方が好きな人にオススメな食べ方が、カニ味噌を身に塗って食べる方法です。

まず、上部の殻を切り取って味噌を取り出し身に塗っていきます。
後は、先ほど述べた注意点に気を付けてカニを焼いていけば完成です。

サッパリとした味付けで食べるのとはまた違った芳醇な旨みを感じることが出来ます。
この食べ方だと、より一層カニの旨みをギュッと濃縮して味わうことが出来る為、バーベキューの網で焼く際には大変オススメな食べ方です。
そして、甲羅がある場合は、最後に甲羅酒でしめるのがオススメです。
甲羅主に適しているお酒は辛口のものです。
辛口の焼酎ロック・辛口の日本酒などが特におすすめです。
また、大きめのクーラーボックスが用意できる場合は、冷やした辛口の白ワインもよく合います。

cda80b3cb20eee2789b2ee293d3c28b1_s

甲羅酒の作り方は、まず、カニ味噌を食べた後の甲羅を用意します。

次に、甲羅が割れないように火が直接当たる部分をアルミホイルで包みます。
そして好みの日本酒を注ぎ、カニの甲羅を網の上に置きます。

後は、グツグツっと泡が立ってくるのを待てば完成です。
使う酒の種類によっても風味が変わってくるので、辛口の酒の中でも自分好み酒を使う事をオススメします。
このように、カニは上手に調理すれば余すことなくすべての部分を美味しく食べることが出来ます。
部位によって違った美味しさを味わうことが出来る為、満足すること間違いなしです。

ba7511474572b31903a691c2d97ee349_s

もちろん、プレートやフライパンなどでも焼きガニをすることは可能なのですが、やはり直火で網で焼くのが1番美味しい食べ方です。

これらの理由から、バーベキューをする際には、是非カニを食材の1つとして準備することをオススメします。

カニのお取り寄せ







Sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする